うつ病を治療しよう|原因と症状から対策を考える

女性

あらゆる症状

笑顔の女性

うつ病といっても沢山の種類があることで知られています。うつ病というと、やる気やテンションが下がり、なんにも手がつかなくなるといった症状を考えている人も多いようですが、決してそれだけではありません。種類により症状には大きな特徴があるといわれています。もっとも一般的でよく知られている症状を引き起こすのが、大うつ病性障害です。この大うつ病性障害は、感情が減ってしまうという特徴があります。特に興味や関心といった感情や喜びといった感情が減ってしまうため、テンションが上がらないという特徴があります。そのような感情は無いのにも関わらず、不快感などは続くため、気分が常に落ち込んでしまうという特徴もあるのです。この症状が続くと、勉強や仕事どころではなくなり、どのようなことも悲観的に捉えてしまうことが多くなります。このため、できるだけクリニックでの治療が大切になってきます。また、思考制止といううつ病に起こりやすい症状がでてしまいます。この、思考制止という症状は考えることができなくなってしまうことです。このため、何かをしようとしてもその考えがまとまらないことや言葉となって外に出ないことがあるのです。会話が途中で止まってしまうなどもこのような症状の特徴といえるでしょう。このようなうつ病になってしまうと、自分に対してかなりネガティブになってしまいます。このため、自分には価値が全く無いのだと自覚してしまうことや、強い罪悪感を感じてしまいます。

このようなうつ病だけではなく、双極性障害という種類のうつ病もあります。双極性障害の特徴として、気分の上がり下がりが大きいという特徴があります。テンションが急激に高くなることもあるため、自分はうつ病ではないと考えている人もいるようですが、そのあとに急激に落ち込むような状況が続くときは双極性障害かもしれません。双極性障害は気分を自由にコントロールすることができないため気をつけておく必要があります。気分変調性障害という症状もあります。この気分変調性障害とは、特にテンションが下がって、マイナス思考になってしまうという特徴があります。思考は自分で変えられるのではという人もいるようですが、あくまでうつ病によるマイナス思考のため自分の力のみで改善しようにも難しいのです。気分変調性障害になってしまうと、睡眠に大きな影響を与える可能性があり、急に眠れなくなったなどのトラブルを引き起こす可能性もあるため、できるだけクリニックでの治療を行ないましょう。