うつ病を治療しよう|原因と症状から対策を考える

女性

睡眠不足が続く

看護師

睡眠時間は大切な時間だといわれています。しかし、この国の平均睡眠時間はかなり短いといわれていることから、うつ病などの関連性が指摘されています。うつ病になってしまうと、睡眠時間が減ってしまうといわれています。というのも、うつ病により引き起こされる睡眠障害により、寝付きが悪くなることや、すぐに目が覚めてしまうといったトラブルを引き起こすことがあるのです。うつ病になると起きる睡眠障害の一つが、不眠症といわれるものです。この不眠症は、眠れないといったトラブルを起こすもので、眠ろうとしていても寝付けないということになります。どれだけ早く眠ろうとしても、寝付くまでに時間がかかってしまうため、どうしても睡眠時間が減ってしまうのです。寝付くまでに時間がかかることで、夜中に眠ることもあり、朝起きれないといったトラブルを起こすこともあります。また、ぐっすり眠れないというのも不眠症の特徴で、目覚めが悪いといった問題も起こしてしまうのです。こうなると、仕事や勉強にも大きく影響してしまいます。このため、不眠症になったときはできるだけクリニックで治療を行なうことが大切になってきます。うつ病により起きている不眠症であれば、治療することで不眠症も改善されるでしょう。不眠症の改善方法として、睡眠薬を活用する方法もありますが、劇薬といわれているものもあるため、過剰摂取には気をつけることが大切です。睡眠薬によっては依存性があまりないものもあるため、活用するのであればそのような睡眠薬を見つけるといいでしょう。しかし、あくまで医師から処方されたものを活用することが大切です。早朝覚醒もうつ病で起こる睡眠障害の一つといわれています。この早朝覚醒とは、朝はやく目が覚めてしまうことです。どれだけ遅く眠ってもできるだけ早く目が覚めてしまうため、睡眠時間が不足してしまうものです。これを防ぐためにも、睡眠薬を活用する方法が一般的です。うつ病になってしまうと、罪悪感が大きくなってしまう可能性があります。うつ病になってしまうと罪悪感が大きくなってしまう人も少なくありません。罪悪感が増えると自分に対しての評価が下がってしまいます。このため、自分をおろそかにして傷つけてしまう人もいるのです。このような罪悪感は恐怖や焦りと募らせてしまう可能性があります。そのため、罪悪感があるときはできるだけ、感情を落ち着かせることが大切です。